ミシンのQ&A

使用説明のビデオがついているものがありますが、ついていないものの場合、使い方がわからなかったときの対応はしていただけますか?
取り説ビデオがついてない場合は取扱い説明書が必ず付いておりますので そちらをご覧いただきご使用ください。 もし分らないところがございましたら、メールもしくはお電話にご連絡ください。 折り返しそのミシンに詳しい担当者より電話させていただき、 ご理解いただけますまで詳しくご説明いたします。
ミシン初心者です。自動糸調子機能がないことが気になっています。布によって,その都度調節する必要があるということでしょうか?手動で調節することは難しいですか?
今のミシンは、ほとんど水平釜タイプで、下糸の調整は 最初の調整のみで、普段はほとんど必要ございません。 上糸の調整のみで普通に充分縫うことができます。 上糸の調節は手動ですが、操作自体は単純で、 何度か操作すれば慣れてきて、簡単にできるようになると思います。
ロックメスはキルティングでも,問題なく切れるのでしょうか?
ロックメスはキルトであっても問題なくご使用いただけます。
コンパクトミシンは持ち運びは楽だけれども 安定感があるのは7キロ以上のミシンだと聞いたのですが やはりそうなのでしょうか。
ミシンの振動は、確かに全体の重さに関連がありますが、メーカーの技術力でも相違があります。
ワイドテーブルのオプションがありますが これも必要なのでしょうか。
ワイドテーブルは使用頻度、用途により便利さが違います。 継続的かつ頻繁にミシンを使用される場合は同時購入された方が よろしいかと思いますが、もしそうでなければミシンのみ 購入され、後日必要と感じられてから購入されてもいいと思います。
安いものは壊れやすいと聞いたのですが本当ですか?
当店は日本を代表するメーカー品をご提供しています。品質には特に厳しく管理をしているメーカーを選んでいますので、安心してお買い求めください。
メーカー品の中で、安いミシンと高いミシンの違いは、機能や利便性で価格別に違いがありますが、基本的な品質は同じです。
どれも裾揚げなどのぐるっと一回りを縫える機能は 現在のミシンでは当たり前なのでしょうか?
裾上げはほとんどのミシンで出来きます。(フリーアーム) ミシン正面の手前左の補助テーブルを取り外せば フリーアームになります。
ロックカッターですが、具体的にロックカッターはどういう機能なん でしょうか。
ロックカッターは縁かがりの時に使用します。 通常、縁かがりの布の位置をハサミで裁断してから ミシンが縫える模様で縁かがりしますが、ロックカッター付は 布を切りながら縁かがりをしますので、慣れればとても便利な機能です。
ヌイキル機能は正直どの程度まで有効ですか? ジーンズ等は無理でしょうか。 ロックカッターの切れ味が悪くなったらどうするのでしょうか。 交換できますか?
SH−516の内臓サイドカッターは、本格的な家庭用 ロックミシンのメーカーである「ベビーロック」が供給している 超硬の固定メスと稼動メスを使用しております。 ミシンで縫える生地は問題なく切れますし、  もちろんジーンズ生地も同様です。 メスが切れなくなったら交換はできます。  その節はご連絡ください。
コンピュータミシンはコンピュータの部分が壊れやすい、とか、普通の電 子ミシンより壊れやすいということはありませんか?
コンピュターミシンは市場に投入され相当期間が経ち、 技術的に進歩していますので壊れやすいことはありません。 精密度は電子より高い技術を要求されますが 落としたり、濡らしたり 直射の日光が当たらないように管理されれば長期のご使用に まったく問題ございません。
自動糸調子機能があれば糸調子を手で調節しなくてよいのですか?
基本的には、生地の厚さなどセンサーで確認しますので、ほとんどの布地は自動糸調子機能で作動して問題はありません。
しかし、生地の多様性や布と糸のバランスなど、微妙に判断できない場合は手動で調整する必要があることもございます。
縫い目調節機能のあるミシンと、ないミシンの違いを教えてください。
通常の洋裁には操作性を考慮して縫い目を最初から設定してありますので、ほとんど支障はありません。しかし、布地により縫いあがりの縫い目にこだわる方は調整の必要があります。